提案ツール上で起動
提案ツール上で起動Wake up on suggestion tool
Year2016
EditionUnique
MaterialPencil on paper mounted on panel
Size910×727×20mm
Autographsigned
Clad in the Universe―宇宙を纏う Clad in the Universe―宇宙を纏う
©︎ DIESEL ART GALLERY Photo:KENJI FUJIMAKI

2017年2月24日から5月18日まで東京渋谷DIESEL ART GALLEYで開催していた個展
「Clad in the Universe―宇宙を纏う」での出品作品です。

10万年後の世界は、どのような風景だろう ? 
未来人は、どのような洋服を着ているだろう?
それはきっと、光のようなものではないだろうか?

絵には光を感じるような次元の要素をつめこんであります。
意識的な宇宙次元の服を纏うというコンセプトで開催いたしました。

本展では宇宙を一つの家族として想定し、宇宙全体、みんなが幸せになる次元を目指しました。
作品には、女王的な力のある存在感や、女性が持つ柔らかさ、優しさ、繊細さ、
また、凛とした浄化性と静けさを兼ね備えている女性像を描きました。

1999年ごろから唇が気になり唇ばかり制作していたのですが、この作品にもその影響が出ています。
本来このお顔が正解なんてものはないと考えており、お顔を前面に描くのを避けながら人間を表現しました。

起こすことを目を覚ますことを促すツール
時間設定も出来、その時に記憶を思い出すなどの設定も可能。非常に古い記憶も目覚めさせることが可能。

DIESEL ART GALLERYの個展特集ページを見る